医療ジブンゴト化をサポートする病院

脳卒中と脳血管疾患の専門病院

社会医療法人 祥和会 脳神経センター大田記念病院

〒720 - 0825 
福山市沖野上町三丁目6-28

0849318650 (代表)

情報開示内容 :
画像
診断レポート
お薬
検査
カルテ
検診
その他サービス :
お知らせ機能
待合表示

1976年の開院以来、専門性の高い脳神経疾患の分野で真摯に研鑽を続けています。近年では、脳血管障害の原因となる動脈硬化に関する循環器疾患や脊椎・脊髄の治療にも取り組んでいます。
また、脳卒中の予後に関わるリハビリテーションについて、「365日リハ」「超早期リハ」を実践しています。
2018年には「回復期リハビリテーション病棟」を開設し、急性期から回復期まで一貫して治療と看護が提供できる体制を構築しました。早期在宅復帰を支援し、地域包括ケアシステムのおけるコア・ホスピタルを目指しています。

 

医療の「自分ごと化」の取り組み

自分の身体の調子は常に家族に知っていてもらいたい

自分の身体の調子は常に家族に知っていてもらいたい

NOBORIの何が便利かって、やっぱり自分の体調の色んな情報を家族の誰かに見てもらえることですね。
そしてこういったアプリを活用するようになると、操作法などについて色々みんなで話し合ったりするでしょうから、このサービスによってまた新しい輪ができるのかもしれないですよね。
そうするとこの街にもっと人が集まるのではないかと思います。

「ワカメプロジェクト」というワカメのオーナー制度

「ワカメプロジェクト」というワカメのオーナー制度

ワカメプロジェクトとは、自分のワカメの成長を楽しみに待ち、水揚げされれば新鮮な海の幸を味わえるシステムです。
ワカメは、余分なナトリウム(塩分)を体外へ排出する効果を持つカリウムを多く含んだ健康食材。カロリーがすごく低いことでも有名ですよね。
病院の管理栄養士さん達にわかめの収穫を体験してもらって、生わかめを使ったレシピを提案してもらいました。
漁協と病院のコラボなんて、全国をみても初めてだったんじゃないかな。

NOBORIは子だくさんにはありがたいサービス

NOBORIは子だくさんにはありがたいサービス

医療情報をいつもスマホで気軽に閲覧できる、というのが嬉しいです。
子どもって急に熱を出したりしますから、バタバタと近くの夜間病院に駆け込むことも多いので。
気軽に情報が見れて、しかもその情報をまったく利用したことのない病院で活用できるのは大きなメリットですね。<
お薬の情報さえもすべてスマホで見ることのできる「NOBORI」は大活躍間違いなしです。

施設・先生情報ギャラリー

社会医療法人 祥和会 脳神経センター大田記念病院病院の基本情報

     
開設主体 社会医療法人 祥和会
WEBサイト https://www.shouwa.or.jp/
理事長 大田 泰正 (おおた たいせい)
顧問・名誉院長 大田 浩右 (おおた こうすけ)
病院長 郡山 達男(こおりやま たつお)
診療科目 脳神経外科/脳神経内科/脊椎脊髄外科/循環器内科/放射線科/内科/外科/リハビリテーション科/救急科/麻酔科/小児神経科/整形外科/形成外科/歯科
*当院の、歯科は、入院患者さんのみを対象としており、外来診療はしておりません。
休診日 日曜・祝日 ・ 年末年始
外来受付時間 【新患・予約のない方】
平日 午前8時30分~午前10時30分 午後1時30分~午後4時00分
土曜 午前8時30分~午前11時00分(午後休診)
【再来】
予約のみ。下記時間は再来受付機の稼働時間です。
平日 午前8時00分~午後4時00分
土曜 午前8時00分~午前11時00分
病床数 届け出病床213床
※SCU18床、一般病棟床88床(うち、特殊疾患入院管理料6床)、地域包括ケア病棟34床、回復期リハビリテーション病棟50床 [2018年6月1日現在]
指定医療 《届出事項》
保険医療機関 / 病院群輪番制病院・救急告示病院 / 指定自立支援医療機関(精神通院) / 指定自立支援医療機関(更生医療) / 結核指定医療機関 / 生活保護法指定医療機関 / 原子爆弾被爆者指定医療機関 / 被爆者指定医療機関 / 労災保険法指定医療機関 / 身体障害者福祉法指定医療機関 / 臨床研修病院(協力型) / 被爆者健康診断指定医療機関 / 難病指定医療機関 / 小児慢性特定疾病医療機関 / 難病医療拠点病院 / DPC対象病院 / 肝炎治療指定医療機関 [2016年9月1日現在]

一覧に戻る

理事長 大田 泰正

これからの日本に必ず求められる医療の形を、まずは福山市から発信してゆきたいと考えています。

メッセージページはこちら